青の世界に魅せられて ~絶景を探す旅~

私の世界観を変えたパラオの海。そこから始まった、美しいブルーを旅する記録です。

MENU

カンクン ~コスメル~

これぞカリビアンブルー!!

カリブ海に浮かぶ、コスメル島をご紹介致します。

f:id:yatosyouta:20170722181831j:plain

 とにかく、真っ青なんです。

ここは海の中が、本当に素晴らしい。

透明度もさることながら、この青さは感動の一言です。

カンクンは、どちらかというとグリーンに近く、透明度もやや落ちます。

 

 コスメル島は、ダイバーには知名度が高く、憧れの海の一つです。

勿論、シュノーケリングでも十分楽しめる海ですのでご安心下さい。

この色を求め、世界中の方が訪れています。

しかし、日本人の方はあまり見かけませんでした。

 

▪ この島を知った経緯

 ダイビングの資格を取得し、他のダイバーさんにお勧めを伺っていました。

その中でも、このコスメル島は、皆さんが口を揃えて

行ってみたい!!と仰っていましたので、

これは、行ってみるしかないと思い、決断しました。

しかし、カンクンなどに比べ情報が、非常に少なかったのが現実です。

 

 新婚旅行でカンクンには行っていたのですが、

その時はダイバーではなかったので、コスメル島の存在すら

まだ知りませんでした。

 

▪ コスメル島へのアクセス

 まずはカンクンへ向かうことになります。

カンクンへの直行便はありません。

殆どの場合が、アメリカを経由する便になります。

 

私達はダラスを経由して行ってきました。

多分これが最短コースだと思います。

それでもダラスまでが約12時間。

トランジットで約2時間。

ダラスからカンクンが約2時間30分。

ざっと見積もっても半日では着きません。

更にカンクンからプラヤ・デル・カルメン(フェリーの出発場所)まで

約1時間~。(どこのホテルから行くかによる)

後はフェリーで30分・・・と。

移動が大変なので、カンクンに1泊する方が殆どで、

次の日に、コスメル島へ向かうことをお勧めします。

 

 私達は、全泊カンクンにして、オプションでコスメル島の

ダイビングを予約しました。

事前に、日本からオプションでお申し込みも出来ますし、

現地でも空いた時間に予約することが可能です。

 

決して近くはないですが、それでもこの海は見る価値があります。

f:id:yatosyouta:20170722170652j:plain

 

▪ コスメル島の特徴

 全ての方にお勧めです。

ダイバー、シュノーケラーだけでなく、陽気に騒ぎたい、

のんびり過ごしたいなど、全ての要求を満たしてくれる島だと思います。

 

現地のスタッフさんが仰るには、晴れている日の方が少ないとの事。

この時も、雨が降っていたのですが、海中では全く問題はなく、

この透明度です。

 

▪ 補足

 カンクンでも勿論ダイビングツアーやシュノーケリングツアーがあります。

私達はどちらもチャレンジしてみました。

綺麗ですが、コスメルの色を見た後では、やはり感動出来ませんでした。

 

また、カンクンビーチは泳げますが、魚はほぼいません。

ボートで、ポイントまで行くしかありません。

 

眺めているだけで幸せという方は、ホテルでも十分です。

カンクンは殆どが、ラグジュアリーなホテルで、

どちらのホテルに泊まっても、最高の思い出を作れること間違い無しです。

ちなみにこちらは、ハイアットジラーラからの眺望です。

f:id:yatosyouta:20170722172227j:plain

日本からの疲れも吹き飛びます。

 

 アメリカ経由でカンクンに入る際は、ESTA(アメリカビザ免除プログラム)を

先に取得する必要がありますので、お早めにご用意ください。

 

 カンクンでは、ホテルや観光客の集まる場所以外、英語は通じませんでした。

タクシーに乗っても手振り身振りで頑張りました。

現地の方と楽しくお話をしたければ、スペイン語を勉強していって下さい。

私達は、グラッシャスだけで乗り切りました・・・

 

 遠方だし、日本人もあまりいないし、と躊躇してしまう方も

いらっしゃるかと思います。

しかし、勇気を出して行ってしまえば、現地は陽気で親切な方ばかり。

ちなみに私達が、初めて訪れた16年前に比べれば、

3年前は日本人旅行者が倍増していました。

是非、美しいカリビアンブルーを、ご自身の目で確かめてみて下さい。

 

最後まで読んで頂いて有り難うございました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内リゾート旅行へ
にほんブログ村