青の世界に魅せられて ~絶景を探す旅~

私の世界観を変えたパラオの海。そこから始まった、美しいブルーを旅する記録です。

MENU

西伊豆 ~浮島海岸~

 透明度を求めるなら浮島

シュノーケラーにお勧めスポット、

西伊豆の浮島海岸をご紹介致します。

f:id:yatosyouta:20170801114944j:plain

岩場になりますので、砂浜のビーチはありませんが

その分、人も少なく透明度抜群です。

▪ 浮島へのアクセス

 西伊豆のど真ん中に位置する浮島は

都心からですと、東名へ出て、御殿場JCTから新東名に入ります。

長泉ICで降り、伊豆縦貫自動車道へ出て、国道136号線をひたすら

堂ヶ島方面に向かいます。

 

田子南交差点を右折すればそのまま浮島海岸へ出られますので、

電波の弱い西伊豆でも、ここは、迷うことなく着けます。

 

また、東名を使用しない方には、山越えです。

箱根新道から伊豆縦貫自動車道へ出るルートが一番近いです。

 

どうしても海岸線沿いを走りながら、西伊豆へ向かう方は、

朝9時前に白浜海岸を抜けることをお勧め致します。(夏のみ)

そこから先は空いているのですが、白浜海岸までがネックです。

 

▪ 浮島にお勧めな方

 家族連れの方が多いです。

ここは監視して下さる方も多く、小さいお子様連れには

安心できる海岸です。

ロープも張っており、安全にのんびりできると思います。

 

そして何と言ってもシュノーケラーにお勧めです。

シュノーケリングポイントは、海岸の右側にあるこの洞窟内。

f:id:yatosyouta:20170801122139j:plain

普段とは違うシュノーケリングが楽しめます。

また、そこから反対側に抜けると、魚影も濃くなり、

運が良ければイワシの群れに遭遇することもあります。(時期による)

ただし、地形的に洞窟の反対側は、監視から死角の場所になります。

不安な方は、必ずライフジャケットを着けて下さい。

 

休日であれば、人も多いのでそれほど心配はないかと思いますが、

私達はいつも夏休み前の平日に利用していることが多いので

少しコースを外れると誰もいないということが多々あります。

 

 また、穴場好きな方には、洞窟と反対側、左側の裏にも

シュノーケリングスポットがあります。

しかし、こちらの方が更に監視の目が届きませんので、

小さいお子様を遊ばせるのであれば、

洞窟手前や、ロープの内側がお勧めです。

 

ただ、干潮時の場合は別です。

岩場に残された、魚や貝などで自然観察を満喫できます。

 

▪ お勧め出来ない方

 写真を見て分かる通り、ビーチと呼べる場所もなく

波も基本穏やかで殆どないです。

なので、波で遊びたい方には大分、不向きになります。

ここは、磯遊びを楽しむお子様や、シュノ₋ケラー、ダイバーに

人気のスポット。

夏こそはビーチで遊びたいという方には、

南伊豆がお勧めです。

 

▪ 補足

f:id:yatosyouta:20170801123528j:plain

 この抜群の透明度。

西伊豆の中でも、私のお気に入りの場所です。

ソラスズメダイなど、トロピカルな魚は伊豆の何処へ行っても、

大概見られますが、透明度の高い海で見てこそ、感動です。

 

また、餌付けされているのか、妙に人懐っこいカゴカキダイもいます。

洞窟内を潜っている間、ひたすらマスクにくっ付いていました。

エサが欲しいらしく、終いには手足を突っついてきます。

リゾート地では良くあることですが、伊豆ではあまり見かけないので

ちょっとだけ癒しになりました。

 

首都圏から、概ね3時間。

普段の喧騒から離れ、透明度の高い海を見て

週末を過ごしてみては如何でしょうか?

 

読んで頂いて有り難う御座いました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内リゾート旅行へ
にほんブログ村