青の世界に魅せられて ~絶景を探す旅~

私の世界観を変えたパラオの海。そこから始まった、美しいブルーを旅する記録です。

MENU

沼津 ~大瀬崎~

富士山と海の絶景

 

沼津と言っても、ほぼ西伊豆にある大瀬崎を、ご紹介致します。

こちらは、ダイビングスポットとし有名な場所。

私も初めて訪れたのは、ダイビングのアドバンス講習でした。

f:id:yatosyouta:20170807152804j:plain

 

▪ 大瀬崎へのアクセス

 都心からは東名を使用し、御殿場JCTから新東名へ進みます。

長泉沼津ICで降り、伊豆縦貫自動車道へ入り国道136号線へ。

そのまま進み、長岡IC(交差点)を右折して、

県道130号線へ入ります。

三津三差(交差点)を左折して、

県道17号線で海岸線を走っていくと

大瀬海水浴場の看板が出てきますので、

そのまま進むと着きます。

海水浴シーズンは混み合いますので、ご注意下さい。

 

▪ この場所にお勧めな方

湾になっている為、波が穏やかで、お子様連れの方にお勧めです。

西伊豆でビーチと言えば、東洋のコートダジュール

とも呼ばれる岩地や、その先にある雲見

人気を誇っていますが、

透明度はこちらも、負けてはいません。

 

また、ダイビングスポットでもあるこの海は、

シュノーケラーの方でも、楽しんで頂けると思います。

 

ただ、やはりここはダイビングが、一番のお勧めです。

初心者から楽しめるこの海は、講習でも使用されるほど

穏やかです。

なので、ブランクダイバーにもお勧めです。

 

私達は、伊豆近辺で潜ることが多いのですが、

台風などの影響で、他がクローズになると

殆どこちらに移動してくるケースが、多いです。

(道が混んでいるときは富戸など)

それほど、外洋の影響を受けにくい場所なのです。

 

▪ この場所をお勧め出来ない方

 海水浴をメインで考えている方は、あまり問題はないのですが、

ダイバーさんは色々なタイプがいて・・・。

 

伊豆のダイビングと言えば、神子元伊豆海洋公園

などが代表的で、

ハンマー(アカシュモクザメ)を追いかけたい、

ダイナミックな海が好きという方は、南伊豆の

神子元をお勧めします。

 

ただし、ハンマーの時期は船上から熱気が沸き上がり、

我先にというダイバーが多いので、不慣れな方は、ご注意下さい。

私達も、「100本超えるまでは、神子元へ連れて行かない」と

師匠に言われてました。

勿論、初心者コースもありますが、ある程度のレベルがないと

あちらはきついと思います。

 

 また、あまり体力がない方には、大瀬崎は少し辛めです。

個人差がある為、あくまでもこれは私の意見ですが、

砂浜のビーチエントリーが思ったより大変でした。

タンクを背負っていると砂に足が埋もれていくんです・・・

 

更に、湾の裏側のポイントになると、

リヤカーでタンクや器材を運び、ひたすら歩かねばならないので

私には、決して楽なダイビングとは言えません。

 

ビーチダイビングで楽なエントリーを求める方には

伊豆海洋公園などがあまり歩かず、お勧めです。

 

ボートダイビングでは、神子元と雲見のパワーリフト

私は大好きです。

ちなみに雲見は、地形やマクロファンに人気です。

ボートは、潜るときは楽で好きなんですが、最後に梯子を登るのが

きついんですよね・・・

 

 なのでこちらの海は、少しの体力と、のんびり、透明度を楽しむ

ダイビングがしたい方向けです。

f:id:yatosyouta:20170807203010j:plain

潜る前の大変さを差し置いても、この透明度が好きで、

ついまた来てしまうんですよね。

海が綺麗だと、お魚も新鮮に感じてしまいます!!

 

▪ 補足

この写真は、大瀬崎の駐車場から撮影したものです。

f:id:yatosyouta:20170807203308j:plain

 この日は雲が多くて、綺麗に見えなかったのですが、

運がいいと目の前に、富士山がドーンと見られます。

海の中も、外も絶景が広がる、大瀬崎の魅力は

ここにあるのだと思います。

景色を眺めに、来ているだけの方も多いので、

こちらまで、遊びに来た際は是立ち寄ってみて下さい。

 

読んで頂いて有り難うございます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内リゾート旅行へ
にほんブログ村