青の世界に魅せられて ~絶景を探す旅~

私の世界観を変えたパラオの海。そこから始まった、美しいブルーを旅する記録です。

MENU

パラオ ~ジュエリーフィッシュレイク~

神秘的な世界

世界広しと言えども、この景色はここでしか見れないかと思います。

そんなパラオの絶景、ジュエリーフィッシュレイクを

お勧め致します。

パラオを扱った、TVや雑誌では必ずと言ってもいいほど出てくる、

このクラゲ!!

f:id:yatosyouta:20170810174527j:plain

神秘的な世界としか、例えようがないほどのインパクト!!

 

▪ この場所へのアクセス

 パラオまでのアクセスは、ロングビーチで詳しく挙げさせて

頂きましたので、そちらをご参照下さい。

 

ここまでは、ボート移動となります。

基本パラオでは、好きなオプションを選び、ツアーに参加するのが

一般的なので、こちらもツアーで来て頂くようになります。

 

 私達は、ちょっと特殊な形で来てしまったのですが・・・

実は、何故かダイビングツアー帰りに、ここに立ち寄ったんです。

 

たまたまこの日、ダイビングツアーに参加していたメンバーが

最終日の予定を話し合っていると、殆どがこの場所でした。

実は、私達も一緒だったのです。

最終日は、飛行機の関係上もう潜れないので、ダイバーはこの日だけ

好きなオプションを申し込んでいるのです。

 

それを聞いていた、ガイドさんが

「帰り道だから寄ってく?」と言ってくれました。

満場一致で「お願いします」となり、来てしまったのですが、

このツアーに参加していた全員が、最終日のオプション変更で、

ホテルのツアーデスクに駆け込む事態となってしまい、

デスクさんは大慌てでした。

 

恐らく、この日のガイドさんは、ご機嫌だったのだと思います。

この辺は、ロングビーチ編の耳寄り情報に書いておきましたので

そちらも合わせて読んでみて下さい。

 

次の日、この話を日本人ガイドさんにすると、

滅多にないけれども、似たような話は、たまに聞くと言っていました。

 

しかし、この場所は海から一度山を登らなければならない為

ダイビング後の体には、かなり辛かったです。

 

▪ ジュエリーフィッシュレイクとは

f:id:yatosyouta:20170810192418j:plain

 タコクラゲとミズクラゲがいると言っていましたが、

私には、すべてミズクラゲに見えてしまいました。

ここは、湖なのですが、地下トンネルがあり海に繋がっているそうです。

その為、塩分濃度が丁度良かったらしく、

こんなに繁殖してしまったとの事です。

 

触るとクラゲが死んでしまう為、手で掴んだり、フィンで叩かないようにと

注意を受けました。

「勿論ダイバーの皆さんならそんな事、言われなくても分かってるよね!」

この一言が、もの凄いプレッシャーになりました。

 

周りを見渡せば、ライフジャケットを義務付けられてる方達ばかり。

ダイビング後の私達に、ライフジャケットなどある訳もなく、

大きなダイビングフィンをぶら下げている、ご一行様。

自然と、注目を集めてしまっていました。

 

クラゲを前に考え込んでしまう。

どうやって、このダイビングフィンを当てずにこの中を進むのか?

仕方がないので足を動かさず、手だけで行ってみることにしました。

 

ある国のツアーチームは、クラゲを傷つけないよう、

数十人が手を繋ぎ輪になって、浮かんでいました。

端から見ると、すごい絵面ですが

多分あれが正解なのだと、感じました。

それでも、移動する際には無傷でという訳には、いかないと思いますが。

 

なので、ここは想像以上に難しいシュノーケリングです。

下からこれでもかと、沸いてくるクラゲ達を全て避けるのは

絶対、無理です。

 

さらに、最近では塩分濃度が変わってしまい、減少してしまったとか。

何とかこのクラゲ達が、生き残っていることを願うばかりです。

 

 

▪ ダイビング情報

次いでなので、この場所に来る前に、潜っていたポイントを

ご紹介致します。

と言っても、パラオに来たことのあるダイバーさん達なら絶対に知っている

ポイントですが

ブルーコーナーです。

f:id:yatosyouta:20170810200935j:plain

ここのポイントは、大物好きには堪らない光景です。

この迫力は、今でも鮮明に覚えています。

今までサンゴ系の、ゆったりダイビングが多かった私には

衝撃的でした。

f:id:yatosyouta:20170810201554j:plain

これは、さすがにシュノーケリングでは見られない世界なので、

是非、ダイバーになって、パラオに来て頂く事をお勧めします。

 

私達も初めて来たときは、ダイバーではなかったのです。

その時に、資格さえ持っていればと後悔していました。

パラオは、この海の中を見ないと、半分損した感じになってしまいます。

また、休みが長く取れそうであれば、

パラオで資格を取ってしまうのも良いと思います。

綺麗な海も見れて、資格も取れて、一石二鳥です。

 

絶対に、世界観が変わりますのでお試し下さい。

 

読んで頂いて有り難うございます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内リゾート旅行へ
にほんブログ村